会社概要

ごあいさつ

1919(大正8)年、アンリックスは部品作りの会社として誕生しました。戦災で社屋が焼失した直後は、何とか経営を立て直し、戦後から本格的に精密板金、ヘラ絞り加工、プレス加工など板金加工の技術を磨き、備後エリアのお客様に必要とされる企業へと成長を遂げてきました。
当社が手がける金属パーツは、ペットボトルキャップの製造機械や、パソコン・ICカードなどに組み込まれる電子部品を加工する機械などの一部として、日常生活に欠かせないあらゆるモノづくりの現場で活躍しています。
100年以上の歴史をもつ会社として、今後多様化するニーズに対応する為、“人材の育成” “設備の増強” “技術の開発” に努め、「存在価値を認められる個性ある企業として社会に奉仕する」をスローガンとして邁進しております。
今後とも、より一層の御支援御指導の程、よろしくお願い致します。

代表取締役 代表取締役 重政信行

社屋外観

会社概要

会社名 株式会社アンリックス
代表取締役 重政信行
創業 大正8年
設立 昭和36年5月16日
資本金 1000万円
社員数 40人
就業時間 AM8:00~PM5:00
所在地 広島県福山市曙町4丁目14番17号
地図を見る地図を見る
電話番号 084-953-6900
FAX番号 084-953-9655
主要取引先 (株)アドテックプラズマテクノロジー
木曽精機(株)
北川精機(株)
(株)シギヤ精機製作所
(株)ディスコ
テラル(株)
早川ゴム(株)
ホーコス(株)
安田工業(株) 他
(50音順)
主要仕入れ先 キソメック(株)
佐藤商事(株)
大栄鋼業(株)
日成鋼材(株)
原田鋼業(株) 他
(50音順)

沿革

1919年 福山市古宮町(現霞町)に於いて、重政重信が錻力加工業として創立。
1945年 戦災の為焼失。
1946年 富士金属製作所として再発足。
1961年 株式会社に改組。富士金属株式会社となる。
1969年 福山市曙町4丁目14番17号に移転
1975年 スピニング加工を開始。
1985年 工場増築
1988年 事務所増築
1989年 創立70周年を迎え株式会社アンリックスに社名を変更。
2009年 代表取締役重政忠司が代表取締役会長、専務取締役重政信行が代表取締役に就任。
2012年 アマダ複合機を導入
2014年 アマダタレバン加工機を導入
2015年 アマダファイバーレーザー加工機を導入
2016年 NCスピニングマシン1000を導入インバータースポット溶接機を導入
2017年 ハイブリッドドライブベンダー3000を導入
2019年 創立100周年
アマダファイバーレーザー複合マシンを導入
2020年 新社屋 移転
2021年 SDGsへの取り組み

株式会社アンリックス SDGs宣言

当社は、国連が提唱する持続可能な開発目標「SDGs」の精神を自社の企業活動に取り入れ、社会課題の解決による豊かな未来の実現に貢献してまいります。

2021年5月16日
株式会社アンリックス
代表取締役 重政 信行

SDGs街並みのイラスト SDGs街並みのイラスト

SDGsへの取り組み

SDGs テーマ 取組事項
SDGsアイコン 生活基盤の構築 当社の製造部品は日常生活に欠かせないあらゆるモノづくりの機械に使われており、多くの人々の生活を支えています。今後も多種多様な製品を提供し、生活基盤の構築に貢献致します。
SDGsアイコン 高付加価値の提供 技術革新により、機械の多様化や高度化が進行していく中、当社の高い技術力と設備力を生かし、付加価値の高い高品質な製品の製造を継続してまいります。
SDGsアイコン 環境保全 製造工程で出る廃棄物を専門業者に委託し、リサイクル活動に貢献しています。今後もLED化や節電などの省エネ活動に積極的に取組み、環境に配慮した事業活動を継続してまいります。
SDGsアイコン 人材育成 年齢・性別・国籍を問わず多様な人材を受け入れ、ダイバーシティ経営を実践しています。また、独自の人材育成システムにより、従業員のスキルアップを支援し、製造技術の継承を図ってまいります。
SDGsアイコン

豊かな生活基盤の醸成及び循環型社会の構築

SDGsとは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の略称で、2030年を目処に、社会が抱える問題を解決し、明るい未来をつくるための17の目標と169のターゲットに整理したものです。
SDGsは、2015年9月に国連において、加盟国193か国の全会一致で採択された国際目標です。

SDGsアイコン
SDGs街並みのイラスト SDGs街並みのイラスト